主婦もあきらめずに仕事を探せます

近年は雇用のあり方もいろいろ変わってきました。
正規雇用はまだまだ多いとはいえませんが、以前勤めていた人を再雇用する企業が増えてきたのです。

業務は日中に集中しますので、昼間の数時間の業務に関して人数を増やすことで、正規雇用者の負担を軽くする、というものです。
これは企業にとっても得策ではないでしょうか。
正規雇用者の残業代を考えると、昼間にパートやアルバイトで補う方が経費としては負担が軽くなります。
また以前に勤めていた人を再雇用することで、仕事の教育も不要です。
昼間の数時間、働くことが出来る人材としては主婦が見直されています。
勤務時間をずらすことで、日中の業務をフォローすることが可能です。
朝が早い方が働きやすい主婦もいますし、朝はゆっくりの方が働きやすい主婦もいます。
それぞれの働き方に合わせて、勤務時間を設定するととても効率が良いと思います。
また企業には忙しい時期が決まっているものです。その忙しい時期に人手を多くすること、また人手が少なくても良い時期は業務量に合わせて人数を設定することが出来ます。

このような観点から、アルバイトを雇用するよりも主婦のパートの方が良い、という企業が増えてきているのです。
主婦の場合、収入にバラつきがあってもいきなり生活に影響することが少ないという企業側の安心感もあります。
また主婦としても子供のことや家のことを優先に考えることが出来るので、お互いに便利な立場にあるかもしれません。
これからも主婦歓迎の企業や仕事は増えてくるのではないかと思います。
昔と違い、主婦の力が必要な社会になっていっているような気がします。
主婦だからと仕事を諦めずに探してみると、このような主婦歓迎の仕事に出会えるかもしれません。

Leave a Reply